English

(a manga artist)

Story manga making process

1.Idea
2.Story Outline
3.Create a scenario/characters
4.Rewrite/Name (storyboard for comics)
5.Make a draft
6.Trace it with a pen
7.Use screentones etc.
8.Rewrite
9.Finish
  • A story manga making process is basically like above. Especially, it is important to elaborate a plan at the stage of 3 and 4.
  • The fourth step Name is to do Komawari or decide composition with a pencil and it is like manga's design drawing. It is good to not only think by yourself, but also show other people and ask their opinions when elaborating it.
  • From the fifth step, start drawing on a manuscript paper.
  • If you do the seventh and eighth step carefully, the finish of the manga becomes better.

The path to becoming mangaka (a manga artist)

A."I want to draw a manga!"
B. Draw a manga
C. Send or bring it to a publisher
D. Debut
E. Contribute a series of manga ->Build a mansion!

Japanese

第12回/まんが家になるまで ~「ストーリーまんが」のできるまで~

①アイデア(発想)
②プロット(あらすじ)
③シナリオ・キャラクター作り
④直し・ネーム
⑤下書き
⑥ペン入れ
⑦トーン処理等
⑧修正等
⑨完成!
  • 1作のストーリーまんがが出来上がるまでには、基本的に上記のような流れを経します。
  • 特に③・④の段階でしっかり練ることが大切です。
  • ④の「ネーム」とはえんぴつ描きでコマ割りや構図を決める、まんがの設計図のようなものです。自分一人でなく他の人にも見てもらい、意見を聞いたりしながら練り直しをすると良いでしょう。
  • ⑤~が実際に原稿用紙に描いて行く段階です。
  • ⑦・⑧の段階をていねいにすると、仕上がりがレベルアップします。

~「まんが家」の出来るまで~

A."まんがを描きたい!"
B. 作品を描く
C. 投稿 or 持ち込みをする
D. デビューする
E. 連載をする ->豪邸を建てる!
  • 主に「まんが家」になるまでには上記のような流れを経まず、多くはク$からカ$に戻る流れを繰り返します。ケ$以降へ進むのは大変な事です。運よくケ$に進んだとしても、コ$へ進むのは更に難しくなります。また、ケ$・コ$に進んでも、いつカ$の振り出しに戻ることになるかも分かりません。

まんが家というのはそう言う職業であり、まんが家を目指すと言うのは、そう言う決意を持つと言う事です。

Written by Lucky UematsuTranslated by zmi

"Mekuri" effect

The last frame of two facing pages is called “Hiki", and the first frame of the next page is called “Uke", and these two are called “Mekuri" effect. It is important to use it wisely when doing Komawari. When drawing “Hiki", raise expectations, and when drawing “Uke", create a great impact.

11_001

Impact of Beta (to black out some spaces in comics) is strong

Beta makes a great impact on the paper. Think about where one uses Beta effectively.

Punch punching from right to left feels quickly

Punch

Punch to beat from left to right is strong

Punch

Japanese

第11回 マンガをつくる -コマ割りの演出-

めくり効果

見開きページの最後のコマを「引き」、めくって次のページの最初のコマを「受け」と言い、これを併せて「めくりの効果」と言います。

ここを上手く使えるかどうかは「コマ割り」の大きなポイントです。

「引き」で期待を高めて、「受け」でドーンとインパクトを出しましょう。

11_001

見せ場を作る。

ストーリー全体の中での「見せ場」(山場)も大切ですが、
見開きごとに「見せ場」となるコマを作るよう意識しましょう。

  • 単調にならないように変化とメリハリをつけましょう。その為に構図、アングル等に工夫を。
  • ベタは強い。
    画面の中でベタ(黒くぬりつぶす所)は、強くインパクトが出ます。
    どこにベタを使うかを効果的に考えましょう。
  • 読者の目線の流れをつかまえる。
    基本的な目線の流れを考えて、動きを効果的に。

右から左に殴るパンチは早く感じる

右から左に殴るパンチは早く感じる

左から右に殴るパンチは効く

左から右に殴るパンチは効く

基本的な流れを考えて、様々な要素を上手く使ってコマ割りすれば、物理的な効果さえも感じさせる事ができます。

Written by Lucky_Uematsuillustration;Kawai_ManabuTranslated by zmi

It is described in one word, Komawari, but it's not quite that simple. When doing that, it is necessary to consider various elements.

Position, size and shape of frame
Positional relationship between composition, angle, characters and so on
Size, position and shape of speech balloon
Size, position and shape of onomatopoeic words

Consider the following when doing Komawari, <Basic>
-A page is read on from top to bottom and from right to left.
-Big frame stands out.
-Think about doing Komawari by double-page. What readers see at first is double-page.
-In a frame, one reads from top to bottom and from right to left. So, speech balloons are also read in this order and motions of characters are seen from this order.
-Space between each frames: narrower one is first and broader one is last.

10_001

Japanese

第10回 マンガをつくる -コマ割りに必要な要素-

コマ割りと一言で言いますが、その中には実に様々な要素を複雑にからめて考えます。

  • コマの位置・コマの大きさ・コマの形構図・アングル・人物などの位置関係
  • フキダシの大きさ・位置・形
  • 擬音の大きさ・位置・形
  • これらの要素を関連づけながら、より効果的な「コマ割り」を考えて行きます。
  • 更に、ページごとの構成や、ストーリーに関連しての山場作りなども考える必要があります。

コマ割りする時に考えておくこと<基本>

  • ページの中では、上から下、右から左の順で読まれる。
  • 大きなコマは強く目立つ。
  • コマ割りは見開き(2ページ)単位で考える。
  • 本を読む読者には、見開き2ページが目に入る。
  • 1コマの中でも、上から下、右から左の順で目が行く。
  • フキダシはこの順で読まれる。
  • 人物なり動きは、この順で見られる。
  • コマとコマのすき間(間白)は、細い方が先、太い方が後。

10_001

Written by Lucky Uematsuillustration;honda-toyotaTranslated by zmi

(panel layout)

Japanese manga's page layout is right-to-left. Therefore, one reads from right to left and then read on top to bottom. That is thought to come from Japanese characters that are design to be written in vertical lines.

9_001

Illustration

*After opening a book, start reading from top right and then read on toward left below.

Japanese

第9回 マンガをつくる -コマ割りの基本-

ストーリー漫画は、いくつかのコマを連続して読ませる事で物語(ストーリー)を伝えます。
これは殊に日本の漫画において発展してきた特殊な形の「マンガ」といえます。
元々、西洋で発生した「いくつかのコマを連続して見せる漫画(コミック・ストリップ)」は、日本において、主に昭和20年代以降、急速に発達、変化し、今や世界に発信するMANGAとして認知されています。

  • 特にセリフ(フキダシ)を含めた複雑なコマ割の発達は、より高度な深いドラマを伝える表現ジャンルとして日本マンガにおいて確立しています。
  • 言うなれば、ストーリーマンガにとっての「コマ割り」は本質であり、命ともいうべきものです。
  • 日本のマンガは右開きです。したがって、右から左へと読み進め、上から下へと読み進めて行きます。
    これは、日本語の縦書き表記に由来するものと考えられます。
    9_001

この大きな流れ(読者の目線の流れ)を考えてコマ割りをしなければなりません。

マンガは、読者に「読んでもらって」初めて成立するという受動態的なジャンルです。

その点、映画やTVドラマとは異なります。

その為、いかにスムーズに読んでもらうか、(時には流れを止めたり)と言う事を考えてコマ割されなければ、読者にとって気持ち良いマンガとはなりません。

9回 課題

「1本の真っ直ぐな道の一方から男性、もう一方から女性がやってきてすれ違って去る」

ーーこの内容を1ページのコマ割りマンガとして描いて下さい。

Written by Lucky Uematsuillustration;Kawai_Manabupractice sample;mashima_motoTranslated by zmi

How to make a story interesting

First, when developing a story, it is very important to set characters. Think about characters' characteristics carefully first and foremost. What the characters' personalities are like, what purpose they act with and so on.

If setting characters are well-set, a story develops automatically. It's like a situation that characters move spontaneously.

Make efforts to make a story more interesting by its structure and the way to write it.

Make the opening interesting

An opening is important for story manga. Readers don't read on if they think the story boring. Think about how to appeal to readers and make an opening scene. Make a story look mysterious or surprising? Which scene is used for an opening? ...etc. Also, in the opening, it is important to make a lead character stand out as a lead character and recognizable.

Drop an advance hint

It is to give readers beforehand the information that is used later. Show props, lines or characters' actions etc. impressively to readers in the scenes. However, it is important to make them look as natural as possible for readers. It is ideal that readers find the information (the advance hint) out later, and say like “That was the advance hint."

Highlight characters

It is important to make characters stand out by describing their actions or reactions that make the best use of their personality. Additionally, you can make an episode to do that.

Make one's lines short

If lines in a manga are too long, speech balloons take up too much space and it becomes hard for one to read. Therefore, make one's lines in a manga as short as possible. In order to do that, it is necessary to organize the important information in the line and make lines appropriately. Also, lines show the character's personality, situation (mind), relationship with one who the character talks to and so on. When coming up with lines, consider several patterns.

Practice

Draw a scene that a character waits for another. They meet and have a short conversation. Change the character (their personality etc.) and draw different patterns
Each pattern: 200 to 400 words

For example: If the character waiting had a short temper?
If the character waiting was a worrier?

Describe characters' personality etc. by their lines or motions.

Japanese

第8回 スト-リーを創る -お話を作る-

面白くする工夫

・まず、ストーリーを展開させて行く上で大切なのは、キャラクターがしっかり出来ているかどうかです。主人公たち(キャラクター)がどんな性格で、どんな目的を持って行動して(生きて)行くのかしっかり考えましょう。それが出来ていれば、物語は自然と転がって行きます。よく「登場人物が勝手に動いてくれる」という状態です。

・ストーリーの組み立て方、書き方で、より面白さを増す工夫(演出)をしましょう。

オープニングを面白く!

ストーリまんがは出だしが大事です。とにかく「面白そうだ」と思わせないと、読み進めてもらえません。謎めいた事を感じさせたり、驚かせたり、どの場面から始まったら読者の興味をひけるのか、よく考えてオープニングシーンを作ろう。

それと、主人公を主人公として目立たせ、認識させるのもオープニングの役目です。

伏線を張る!

後の展開で使うための情報を、前もって読者に見せて(伝えて)おくことです。小道具やセリフ、行動など、読者の印象に残るように見せておきます。ただし展開上、不自然じゃなく入れられるかどうかがミソ。後から考えて「ああ、アレが伏線だったのか」と言うのが理想的です。

キャラクターをたてる!

登場人物の性格・人間性を行かした行動や、リアクションで目立たせる事が大切です。また、そうする為のエピソードを作ったりします。

セリフは短く!

まんがのセリフが長いと、物理的にフキダシスペースを大きく取られますし、読者からしても読みづらくなります。ですので、まんがの中のセリフは、できるだけ短くしましょう。

その為に、そのセリフで使えるべき情報を整理し、的確にセリフ作りをする必要があります。

また、セリフの言いまわしで人柄や状況(心理)、会話する人物との関係性等、種々な事を読者に伝えられます。

セリフを考える時には、いくつものパターンを考えてみましょう。

Written by Lucky UematsuTranslated by zmi

About an Idea

First, you probably have some sort of `seed' of an idea that you want to draw a comic.

You might think, “I want to draw about this subject", “I want to draw a lead character like this", “I want to tell a story like this", “I want to draw a scene like this" or “I want to make a character say this line" and so on. These are `seeds'. Nothing happens without them.

How to create a story

There are basically two ways of creating a story.

One way is to consider what happens after events happen. (What will happen next?) It's called “expansion method".
The other way is to think of a reason why the events happen. (Why has that happened?) It's called “inductive method".
There are two ways to develop a plot that is centered around the same event.
Why?
For example: (An event) A fell in love with B.
Then what?
Throw a lead character (or a character) into an event. And then you could consider the character's unique reaction, only if the character is already set up. (his/her personality etc.) The story proceeds from this point.
For example: Waiting time + A character with a hot temper + Worrier

How to create an idea

Exaggerate/Turn the tables
This way, the ordinary incidents can be changed into stories of manga or material for gags.
For example: A princess who saves a prince from a monster

Story structure

“Introduction, development, turn, and conclusion"

※An event happens→The event affects situation→ There's a twist in the story→The story ends
Since ancient times, this is said to be basic of story structure (in Japan), and it is said that if a story is organized this way, it's well-organized, but it isn't necessary to worry about it too much.
7-1

5W1H

  • “Who"
  • “When"
  • “Where"
  • “What"
  • “How" + “Why"

These are necessary elements to tell people events/stories. Without them, readers can't understand exactly what happened. On the other hand, a story could interest readers by hiding some of 5W1H on purpose.
For example, mystery story lacks “Who" from 5W1H (readers don't know who is the criminal), so it's mystery.

Opening

It's a beginning as a story. There is no need to start talking about events in chronological order. It's very important part to appeal to readers and get them to read on. Think about how to make an impact on readers and make a story interesting to them.

Ending

It's end of the story. When one draw a comic to contribute, an ending is necessary. Don't finish by the word “To be continued." One's impressions of the comic change depending on the ending. Also, there is a way to raise questions at the ending without solving them.

Practice

Borrow an existing story→Draw by using it as an outline of the story

Borrow the story of “The Adventures of Momotaro" (A Japanese popular folk tale) and arrange it originally.
400 words to 800 words

For example: Change the characters

If a lead character Momotaro were coward?
If Momotaro were evil?
If Momotaro's friends were not a dog/monkey/ common pheasant?
If the devil has a compelling reason?
Change the times

If it were modern age?
If it were in the future?

Japanese

第7回 スト-リーを創る -アイデアの出し方-

「アイデア」とは~

まず、マンガを描きたい!と思う“種”があるはずです。それは――

  • 「こういうテーマ(主題)を描きたい」
  • 「こんな主人公を描きたい」
  • 「こんなストーリーを伝えたい」
  • 「こういう場面を描きたい」
  • 「このセリフを言わせたい」・・・・

様々な“種”があり得ます。まず、それがなければ始まりません。

「ストーリー」の作り方~

大きく分けて2通りの方法があると言えるでしょう。

1つは、「出来事が起こって、その後を考える方法」です。

――――それからどーした?方式 <展開法>

もう1つは、「出来事が起こった、その理由を考える方法」です。

――――何でそーなったの?方式 <帰納法>

1つの事件(エピソード)に対して、2通りのふくらませ方が出来ます。

例:①A 君はB 子さんを好きになった

なぜ?

で、どーする

主人公(キャラクター)を出来事の中に放り込んでみます。性格等、設定のしっかり出来てるキャラクターなら、そのキャラ独特のリアクションが考えられるでしょう。そこからストーリーは進展していきます。

例:待ち合わせ+短気なキャラ+心配性

「アイデア」の出し方―――

大ゲサにする/逆転させる/

ごく普通の出来事もこの方法でマンガのストーリー、ギャグネタにする事が出来ます。

例:「鬼の桃太郎退治」

「ストーリーの構成」

起承転結….

※出来事が起こり、起こった出来事を承け、ガラッと展開が転じ、結末を迎える。

古来物語構成の基本と言われており、この形になっていると物語としてまとまると言われますが、あまり意識する必要はないと思います。

4(5)W1H

  • 「誰が(Who)」
  • 「いつ(When)」
  • 「どこで(Where)」
  • 「(何をWhat)」
  • 「どうした(How)」(+「何故(Why)」)

出来事(物語)を人に伝える為に必要な要素です。これらが欠けると、出来事は正確に相手に伝わりません。逆に、4(5)W1Hの内、どれかをわざと隠しておく事によって、読者の興味をひく物語にもなります。

例:ミステリーは「誰が(Who)」(=犯人)が分からないからミステリー

オープニング

物語としてのスタート。

出来事の時間軸通りに語り始める必要はありません。読者の興味をひき、作品を読み進めさせる為にとても大切な所です。いかにインパクトを与え、興味を持たせるかを考えましょう。

エンディング

物語の締めくくり。

投稿作などを描く場合は、ちゃんとエンディングをつけましょう。「つづく」ではダメです。エンディング次第で読後感が大きく変わってきます。また、全てを解決してしまわないで、読者に問題を投げかけて終わるなどの方法もあります。

Written by Lucky_UematsuTranslated by zmi

There are other ways to make an atmosphere or to describe the state of mind of the characters than to draw things like a building in the background.

angry
angry

sad
sad

in trouble
in trouble

surprised
surprised

[Kakeami]

It's a pattern that lays a few lines on or across each other.

[Tenbyou (Pointillism)]

It's to create a pattern or draw circles by using dots.

[Ink spattering]

It's to ink tissue or cloth which is balled up and then dab a paper to create a pattern.

[Shuchusen/Flash]

It's to draw lines toward a point in order to convey a sense of speed or make a picture look powerful.

Practice

Use the ways introduced in this lesson and describe the state of mind of the characters.

Draw a pattern that suits the situation in the background of each character. Each character has a different feeling, angry, sad, in trouble and surprised.

*You can't use screentones here.

A character who is angry A character who is sad

A character who is in trouble A character who is surprised

Japanese

第6回 背景を描く -画面処理- 

背景の建物等の“物”以外に雰囲気や心理描写の為に使う画面処理があります。

怒っている人物
怒っている人物

悲しんでいる人物
悲しんでいる人物

悩んでいる人物
悩んでいる人物

驚いている人物
驚いている人物

その他にも様々な処理があり得ます。これらは過去の漫画家さんが発明してきた画面処理のテクニックです。したがって、皆さんも自分のオリジナル画面処理を作り出して行っても良いのです。既存の表現だけにとらわれず、表したい雰囲気を表現するために、いろんなチャレンジをしてみてください。
トーンを使っての表現も様々ですし、上記の処理例なども既にトーンにプリントされているものもあります。

心理描写に画面処理を使う

怒っている人物、悲しんでいる人物、悩んでいる人物、驚いている人物のバックにそれぞれの状況にあう画面処理を描き込みなさい。

この課題はトーンを使わないこと。

Written by Lucky_Uematsu, illustration;Lucky_Uematsupractice sample;mashima_motoTranslated by zmi

When drawing a story manga, it is necessary to draw many kinds of scenes, many kinds of backgrounds.

Basically, it is important to draw backgrounds based on data like photos. Also, it is important to note that it's not good to consider a character and background separately.

Perspective drawing

Perspective drawing is the way of drawing solid objects, natural scenes etc on a flat surface, so that they appear to have the correct shape, distance from each other. (Kernerman English Multilingual Dictionary c 2006-2010 K Dictionaries Ltd.) 

When drawing manga, it is often said that perspective drawing is difficult, but it is necessary just because mangaka wants to tell something or express some kind of mood in the scene. Such thinking should be a starting point.

There are no manga that is funny or interesting only because its perspective drawing is perfect. On that basis, it is good to have the skill of perspective drawing as a way to make it easier to convey what mangaka wants to tell. 

If you make it into a habit to find *vanishing points when you see some buildings on a street, it becomes a good way to practice perspective drawing.

*vanishing point is the appearance of a point on the horizon at which parallel lines converge. (WordNet 3.0, Farlex clipart collection. c 2003-2012 Princeton University, Farlex Inc.)

Perspective drawing is not only used for drawing buildings and sceneries, but also for drawing everything including human characters.

5 002 1

The illustrations that show something viewed from below are called “Aori" and the illustrations that show something viewed from above are called “Fukan".

5 002 2

*The illustrations “Aori" and “Fukan" are also used for expressing psychological effect, but when drawing anything, in fact perspective drawing is used for them all.

However, perspective drawing is just a way to make it easier to convey what mangaka wants to tell or the mood he/she wants to express. Frankly speaking, it's OK if it doesn't look strange. Prioritize an image as `scenery' and utilize perspective drawing in order to make it better.

To break perspective drawing rule or to do deformation is also a technique to convey an image that mangaka wants to tell.

Practice

A street scene: a character is in the street.

-Imagine a specific place as much as possible.
-Be careful the compatibility between a character and a background. (Keep it from becoming disorganized and take special care with their locations, sizes, perspective drawing and so on.)

5_003

A scene: Two or more people are in a room

-Pose the characters differently from each other. (For example, one is standing and the other is sitting.) 

-Describe concretely what kind of room. (to create an atmosphere)
-Be careful the compatibility and take special care with characters' locations, sizes, and perspective drawing.

Japanese

第5回 背景を描く -パース-

ストーリーマンガでは、物語上様々な場面を描くため、様々な“背景”を描く必要があります。基本的には、資料写真等に基づいて、しっかり描くことが大切です。

注意点としては「人物」と「背景」を別々に考え過ぎない事です。その「人物」の居る「風景」としてとらえる事が大事です。でないと、人物と背景が合わない(パース的に)とか、1枚の絵として浮いているという感じになってしまいがちです。あくまでも、1つの風景、場面として考えましょう。

「パース」について―――

パースとは遠近法の事です。マンガを描く上で「パースが取れない」とか「パースが難しい」とかよく言いますが、これは、あくまでもその場面で伝えたい事や表したい雰囲気の為に必要なものです。それを基本に考えましょう。
「パースが合っているから面白い!」などというマンガはありません!その上で、自分(作者)が、伝えたい事を伝えやすくする手段としてのテクニックとして、パースの取り方(遠近法)を身に付けておくと良いでしょう。
一番の基本は、“近くにある時は大きく見え、遠くにある時は小さく見える”という事です。それと、どこから見ているのか?(撮影的に言うとカメラ位置)です。
これをアイレベル(EL)とか言います。EL の線上のどこかに消失点(小さくなって消えてしまう点)が来ます。

5_001

町中でビル等を見ている時に、消失点はどのへんになるかを捜すクセをつけると、自分で絵を描く時の練習になります。

パースは建物や風景にだけつくものではありません。全ての物にパースはついています。当然、人間キャラにもです。

5 002 1

イラスト下から見た図を【アオリ】上から見た図を【フカン】と言います

5 002 2

※イラスト【アオリ】や【フカン】は心理的効果を表現するために使われたりもしますが、何を描くにしろ、本当は全て「パース」がつきものなのです。


しかし!あくまでも伝えたいこと、表したい雰囲気の為のパースです。極論を言えば『見ておかしくなかったら良い』のです!
“風景”としてのイメージを優先し、それを活かす為にパースを活用して下さい。

○伝えたいイメージの為に、パースをくずしたり、デフォルメしたりする事もひとつのテクニックです。

第5回問題 1人の人物がいる街中の風景

・できるだけ具体的な場所をイメージしてください。

・人物と背景の整合性(位置や大きさ、パース等がバラバラにならないよう)には注意してください。

5_003

2人以上の人物がいる部屋の中の風景

・2人以上の人物はそれぞれ違うポーズ。(例:立っている人と座っている人とか )

・どういう部屋か具体的に書いてください。(雰囲気がでるように)

・人物同士の大きさや位置をパース等の整合性に注意してください。

5_004

Written by Lucky_Uematsu, illustration;Lucky_Uematsupractice sample;mashima_motoTranslated by zmi

Draw expressions

Characters of manga show various kinds of expressions in stories. It is necessary to draw them clearly so one can tell them apart.

 

When reading manga, readers are often attracted by characters’ expressions. Drawing expressions can be regarded as just drawing countenances, but the point is that it is to express emotions.

 

Other way to express than to draw a face

There are other ways to draw expressions than to draw a face.

4_001

Practice

Draw many kinds of expressions of a character.

1. Blank-faced
2. Laugh
3. Angry
4. Cry/Sad
5. Be Surprised
6. Be in trouble

4_001

Not only to draw faces, but also try to draw one’s entire body and express above.

Japanese

「表情を描く」

マンガの登場人物(キャラクター)は、ストーリーの中で様々な表情をします。それを描き分けられないといけません。マンガを読んで、ひき込まれるのはキャラクターの【表情】によることが多いものです。【表情】とは、顔の表面に現れた造形ともとらえられますが、本当は【気持ち=心】を表せられるかどうかです。

顔以外で表す【表情】

表情(気持ち)は顔以外のもので表現できることもあります。

4_001

第4回問題
○一人の人物のいろんな表情を描いてみましょう。
① 無表情
② 笑っている
③ 怒っている
④ 泣いている(悲しんでいる)
⑤ 驚いている
⑥ 困っている


4_001

Written by Lucky_Uematsu, illustration;Lucky_Uematsupractice sample;mashima_motoTranslated by zmi

Draw many kinds of characters

Preparation: Prepare a dice
Roll a dice and decide a character you are going to write.

First throw
(Sex)

If a dice shows the odd numbers, draw a man

dice 1dice 3dice 5
If a dice shows the even numbers, draw a woman dice 2dice 4dice 6
Second throw
(Age)
A child aged up to 10 years old dice 1
A boy/a girl aged between 11 and 19 years old dice 2
A young person aged between 20 and 30 years old dice 3
A middle-aged person aged between 31 and 49 years old dice 4
A middle-aged/elderly person aged between 50 and 69 years old dice 5
An elderly person aged 70 or over dice 6

On second throw, if a dice shows one or two, draw a student at that age.

 
Third throw
(Occupation)
A businessman/woman dice 1
A teacher dice 2
A doctor dice 3
A shop employee (at greengrocery/fish store) dice 4
An artist (a musician etc) dice 5
officer (police) dice 6

Fourth throw
(Character/Personality)

Quick-tempered dice 1
Slow-tempo dice 2
Serious dice 3
Hasty dice 1
Timid dice 2
Meddlesome dice 3

Roll a dice and decide some characteristics that a character has (sex, age, occupation, character) and then draw the character.

On third and fourth throw, you can also create a new choice.

  • If you draw a character at a certain age that you are not use to drawing, it is good to image people at that age who are close to you when drawing.
  • If you deform (do deformation) the personality of a character and express, that would make the character stand out more.
  • Not only draw characters, but also try to image some situation and draw it as a scene.

Sample

1

1.jpg

2

2.jpg

3

3.jpg

4

4.jpg

05_policeman

05 Policeman

6

06 man

07_ol

07 Office Lady

8

08 Doctor

09_nurse

09 nurse

10

10 Old man

11_grandmother

11 Old lady

12

12 magician

13_conductor

13 Conductor

14

14 boy

15_girl

15 girl

16

16 host

17_gal

17 Gal

18_engineer

18 Engineer

19_woman

19 housewife

21_man

21 man

23_student

23 student

24

24 mother

25_cook

25 Cook

26

26 Wrestling wrestler

27_race

27 People

28

28 Outlaw

29_witch

29 witch

30

30 samurai

Japanese

第3回問題 いろんな人物を描いてみよう

準備:サイコロを1つ用意します。
サイコロを振って、描くキャラクターを決めていきます。

一投目
(性別)

奇数が出れば男性

dice 1dice 3dice 5
偶数が出れば女性 dice 2dice 4dice 6
二投目
(年齢)
10歳までの子供 dice 1
11歳~19歳までの少年少女 dice 2
20歳~30歳までの若者 dice 3
31歳~49歳までの壮年 dice 4
50歳~69歳までの中高年 dice 5
70歳からの老人 dice 6

二投目でdice 1dice 2の場合、その年齢に応じた学生`

 
三投目
(職業)
サラリーマン・OL dice 1
先生 dice 2
医者 dice 3
商店(八百屋・魚屋等) dice 4
アーティスト(ミュージシャン・芸術家等) dice 5
公務員(警官) dice 6

四投目
(性格)

短気 dice 1
おっとり dice 2
まじめ dice 3
あわてもの dice 1
気弱 dice 2
おせっかい dice 3

以上、サイコロを振ってキャラクターの性別、年齢、職業、性格を決めてイメージの人物に描いてみます。

3、4投目は自分で項目を工夫しても可。

  • 描き慣れていない”年齢”にあたった場合は、出来るだけ身近な同年代の人をイメージして描くと良いでしょう。
  • 性格はできるだけデフルメしてとらえて表現すると、よりキャラクターが際立つでしょう。
  • 人物だけでなく描くのではなく、何かのシュチュエーション(状況)をイメージして1つの場面として描いてみましょう。

応用

①自分、家族、友人をモデルにキャラクターを作りましょう。

②有名人をモデルにしてキャラクターを作りましょう

Sample

1

1.jpg

2

2.jpg

3

3.jpg

4

4.jpg

05_policeman

05 警官

6

06 チンピラ

07_ol

07 OL

8

08 博士

09_nurse

09 看護婦

10

10 老師

11_grandmother

11 おばあさん

12

12 手品師

13_conductor

13 指揮者

14

14 少年

15_girl

15 少女

16

16 ホスト

17_gal

17 ギャル

18_engineer

18 技師

19_woman

19 主婦

21_man

21 おっさん

23_student

23 受験生

24

24 母親

25_cook

25 料理人

26

26 覆面レスラー

27_race

27 民族

28

28 アウトロー

29_witch

29 魔女

30

30 侍

Written by Lucky Uematsu, illustration;Lucky_Uematsupractice sample;mashima_motoTranslated by zmi

Characters of manga are means and symbols. 

There is a character drawn realistically like a photo or there is a character simplified.

In short, characters of manga are means to convey its stories, theme or mood and ultimately they are symbols. Therefore, it is important to draw clearly so that readers can understand the message.

Just by drawing like this, it would look like a face.

2 004 1

By drawing like this, it looks like a smiling face.

And by drawing like this, it looks like a smiling face of a girl.

First, let’s capture the entire picture simply and draw.

Move a character

(If you don’t know how to draw the movement, it helps to try that movement yourself.)

Make one realistic and put on clothes

And now a businessman going to his office is ready.

The power of sketching

In order to draw more realistic person or motions, it is necessary to develop one’s sketching skill by doing basic sketches or croquis drawing. When doing artistic sketch, the ability to draw exactly what one sees is necessary, but when doing manga sketch, the ability to draw what one imagines in one’s mind is necessary. Also, when drawing motions, it’s important to consider how the character put some muscle, its directions and the position of the center of gravity.

Deformation 

When drawing a manga, it is very important to overdraw in order to convey more strongly what a mangaka(manga artist) wants to tell, like characters’ motions or expressions. Here the word deformation means exaggeration and omission. Deformation is used not only when drawing a person, but also when drawing a background.

Expressions

Drawing expressions is not just to draw one’s face, but to draw one’s emotions/feelings.

The important thing is to first get the same feeling and expressions with one’s character and then draw.

Draw many kinds of characters 

It is necessary to draw many kinds of characters who have different characteristics, such as feature, body type, motion, occupation, personality or age etc. One way to come up with a character is to model a character on actual person like someone you know or famous people.

Draw a main character

When drawing a main character: Make a main character stand out (from the standpoint of the reader) and make the character unique by looks, hairstyle or clothes etc. 

Practice

Draw the basic movement of a character

Walking: Two poses from different angle

Running 1: Two poses from different angle

Running 2: A character running faster than running1

2_001

Sitting on 1: A character sitting on the floor

Sitting on 2: A character sitting on the chaiir

Lying down: Two poses of a character lying down on the floor from different angle

2_002

※When drawing, try to do the movement yourself and check the position and angle of arms and legs.
2-3

Pushing: A character pushing a big heavy rock that he can’t move

Pulling: A character pulling the door that he can’t open

Lifting up: A character trying to lift a heavy cardboard box up

Throwing: A character throwing a ball (consider which movements of throwing)

2_003

Notice the center of gravity and vector of the weight.

If you think it difficult, first try to draw one as a stick person, and then dress the character and make one realistic.

Japanese

第2回~絵を描く~

マンガの登場人物キャラクターは手段で、記号である。
写真のようにリアルに描かれたキャラクターもあれば、簡素化されたキャラクターもあります。
要するに、マンガのキャラクターは何か(ストーリー、テーマ、ムードなど)を伝えるための手
段で、究極的には記号である。したがって、伝えたいいことが伝わるように描くことが重要です。

これだけでもその顔に見えるし

2 004 1

こうすれば笑っているように見える。

これで笑っている女の子に見える。

まずは、カンタンにとらえて描いてみよう。

動かす。動きがわからなければ自分でやってみる。

肉をつけ、服を着せる。

”出勤するサラリーマン”のできあがり。

「デッサン力」について

より、リアルな身体や動きを描く為には、基本的なデッサンやクロッキーで「デッサン力」を見つけて行く事が必要。「美術的なデッサン力」は、見たものを正確に描き出す力の事だが、「マンガ的なデッサン力」は、見ないでも頭にイメージしたモノを描き出す力の事である。動きを描く時には、力の入り方と方向、重心のかかり方が大切。

■「デフオルメ」について

・動き、表情等、伝えたい事を、より強く伝える為に、大ゲサに描く。

・誇張(大ゲサ)と省略がデフオルメ。

*デフオルメは人物だけじゃなく、背景等にもあてはまる。

■「表情」について

・表情とは、顔の造形を描くのではなく、「気持ち(心)」を描くモノだ。

・まず自分がその「気持ち」、「表情」になって描くことが大切。

■いろんな人物(キャラクター)を描いてみよう。

・顔立ち、体型、動作、職業、性格、年齢など様々な人物を描き分けることが必要。

・ひとつの方法として、実在の人物(知人でも有名人でも)をモデルにあてはめてキャラクターを作ると良い。

■主人公を描く。

  • 主人公は(は読者から見て)目立たせるようにする。
  • 顔つき、髪型、服装などを個性的にする。

第2回問題

キャラクターの基本的な動きを描く。

・歩く-----------角度を変えて、2ポーズ

・走る1-----------角度を変えて、2ポーズ

・走る2-----------1よりもっと早く走る

2 001

・座る1-----------床に直接座る

・座る2-----------椅子に座る。

・寝る-----------床に寝転んでいるところを角度を変えて2ポーズ

2_002

※自分でその動きをやってみながら、手足の動きや関節の角度などを確かめて描こう。

・押す-----------「大きくて動かない岩」を押す。

・引っ張る-----------開かないドアを引っ張る。

・持ち上げる-----------重い段ボールを持ち上げ(ようとし)ている。

・投げる-----------ボールを投げる。(”投げる”動作のどの段階?)

2_003

Written by Lucky_Uematsu, illustration;Lucky_Uematsupractice sample;mashima_motoTranslated by zmi

(a manga artist)  Tools and Preparation-Tools for drawing a manga (comic)

The following list includes tools that are not sold in ordinary stationery stores. You can find them at art supply stores or online stores.

1 001

Pencils / Mechanical pencils

It is best to choose one that you think easy-to-use. Also, you need to choose pencils that are soft enough, so that you can erase a pencil line easily. It depends on your writing pressure, but B or 2B pencil (based on JIS standard) is recommended.
As for automatic pencil leads, it might be easy to use thicker leads than 0.5mm, like 0.7 or 0.9mm. It varies between individuals, though.

Erasers

This may surprise you, but erasers are very important. You need to choose one with which you can erase completely without forming a nap on paper. There are a number of varieties of erasers, so find one that suits you. When you look for erasers, it is important to check its size, shape and characteristics. Erasers have different characteristics, for example, one that you can erase pencil lines lightly, or one that you can come together its eraser shavings easily. If you are comfortable using erasers, you can get more work done.

Papers

Today, manuscript paper for manga is useful. The characteristic varies depending on the paper manufacturer. When you look for papers, it is important to check its price, ruled line on paper and how comfortably you can write on it. If you want to become a professional mangaka(manga artist), use B4 (based on JIS) size paper. However, our lesson “Mangaka ni naru zyuku” uses A4 size for scanning. The weight of paper is almost equal to its thickness, but you need to think your working characteristics, like writing pressure, and intended purpose, like how much screentones you intend to use, before you choose paper.

Pens

Dip pens
There are many kinds of dip pens, for example, G-pens, kabura pens (turnip pens), school pens and mapping pens. They have difference in how the pen writes. Even they have the same pen tip, how the pen writes is different according to its manufacturer. Try several dip pens and then find the one you feel comfortable writing with.
Pen holders
The pens that are introduced above like G-pens, kabura pens (turnip pens) and school pens have the same pen holders, except for mapping pens. But, there are pen holders that you can use with both mapping pens and other pens. They are made of various materials and come in a variety of shapes, so go find the one that suits you.

Tools for drawing a manga (comic) Part2

Rulers

1_002Straight edge rulers
35 -40cm rulers are easy to use. If it’s too short, you can’t reach long enough when you write a line, and on the other way around, it stands in the way of writing.

French curves
A set of 3 rulers is enough. Even if you have many rulers, the rulers that you use a lot will be determined as you draw manga.

Adjustable curves (Zizai zyougi in Japanese)
It’s difficult (for me) to use… I want to see someone who can use it well.

Template rulers
It’s useful when you draw a circle.

Ellipse-plate rulers
At first glance, ellipse-plate rulers seem to be useful, but it is often unable to fit into shapes or sizes that you want to use.

How to use rulers
When using a pen to write, turn a ruler upside down and then use an angled side of the ruler. It is because a space between a ruler and a paper is necessary. Otherwise, the ink bleeds on the paper. Also, when writing with a pen, hold a pen perpendicularly as much as possible.

Screentones

There are many kinds of screentones sold by manufacturers and their prices vary.
Kinds of dots (sizes and distance of dots)
If dots are too light or too dark, they can’t be well printed. Basically, when using them, make dots line at an angle of 45 degrees (skew). It’s because if dots are put on a paper at a different angle, they bother when seeing.

Kinds of lines (thickness and distance of lines)
When using lines: Think carefully angles of them according to the intended use.


Other kinds of screentones: there are many kinds of screentones, so use them based on the intended use. However, if too many screentones are used, the picture becomes too noisy or on the contrary it becomes monotonic. And also, doing that costs money.

How to use/put screentones on a paper

From a sheet, cut out bigger piece than the size you want to put it on, and then put it on a manuscript gently. After that, neatly cut it with cutter knife (utility knife), and peel off unwanted part. And then, press it firmly to set it.
When you cut a screentone on the manuscript, cut only the screentone, be careful not to cut the paper too. Screentones are easy to be cut, so you can cut it with very little strength.

Shaping screentones

1 003 1You can whittle the surface of screentones (printed side) with cutter knife’s cutting part or the other side of it in order to create some effect, such as clouds or highlights.
If you use screentones of dots for this, it’s necessary to think about what angle its dots line at before whittle it.
You can also use ink eraser for whittling. However, even if it looks good, it might look different when printing it out, so be careful. When it’s hard to see the effect, you can see it by making a copy.

Kasanebari (Putting 2 screentone sheets on a paper)

1 003 1You can put two screentone sheets on a paper in order to create effects, but not more than 3 sheets.
Coordinate kinds, angles or position of sheets with careful attention to Moire pattern (pattern produced by overlaying sheets). There are ways that utilize Moire pattern.

Digital

There is a way to do some work on a personal computer by scanning the manuscript, such as putting screentones on. You can use a PC to draw up without using any papers. There are many kinds of software used such as “Photo Shop”, “Comic Studio” etc. A process of drawing up depends on each software and personal computers, so we don’t explain in this lesson. You can use like e-mails to submit your finished work (manga) as a data or you can print out and have them as a printed one. There is a great possibility that you can use techniques by using a PC which you can’t do in an analog way, but it takes time to get used to. Also, it costs a lot to set up equipments.

Japanese

マンガを描くのに使う道具

以下の商品は、普通の文房具店には売っていないものもあります。画材専門店や、インターネット通販の店を見てみましょう。

1 001

<鉛筆><シャープペンシル>

自分が描きやすいモノ。ケシゴムかけの時に跡が残りにくい固さを選びましょう。Bから2Bくらい。※本人の筆圧によります。
シャーペンなら0.5ミリより0.7ミリ、0、9ミリくらいの方が、使い易いかもしれません。
※個人差があります。

<消しゴム>

意外と大事な道具です。紙をけば立てないで、きれいに消せるモノ。
消しゴムにも種類はいろいろあるので自分に合うモノを探してみましょう。大きさ、形、特徴を調べてみましょう。
軽く消せる。クズがまとまるなど、消しゴムによっていろいろ特徴があります。
消しゴムかけが、気持ちよくできると、作業がはかどります。

<紙>

今は「漫画用原稿用紙」が便利です。これも用紙メーカーによって、特色があります。
それは、ケイのとり方、紙のニジミ,価格などがチェックポイントです。
サイズは、プロの漫画家を目指すなら、B4判を使いましょう。
しかしながら,この講座のレポートでは、スキャナー用にはA4サイズに してください。
紙の重さはほぼ厚みとイコールですが、自分の作品制作の作業特性(自分の筆圧、トーン切りなど)と用途(トーンを多用するとか)に よって選びましょう。

<ペン>

○つけぺん
Gペン、カブラペン、スクールぺン、丸ペン、その他いろんな種類と描き味があります。
同じペン先でもメーカーによって書き味が違います。いろいろ使ってみて自分や作品にあったペンを探しましょう。

○ペン軸
Gペン、カブラペン、スクールぺンは同じペン軸です。丸ペンだけは、別のペン軸です。
※共用できるペン軸もあります。材質や形も色々なので、これも自分に合ったモノを探して下さい。

○マーカー(ミリペン)
基本的に均一な太さの線が描けるペン。
※なれると強弱(ぬき等)もつけられます。
種々な太さがあるので、各種そろえて使い分けましょう。
水性で耐水性のもの(顔料インク、ピグメントインク)を選びましょう。(ホワイト修正の為)

○ボールペン
「ハイテック」等を使う人もいます。細い均一な線がひけます。
※色は黒のみ!(修正には注意)

<インク>

○墨汁やマンガ用インク
種類によって、濃さ、のび、乾きの早さ、価格等が違います。好みによって選びましょう。
※耐水性のモノが基本!

<筆>

ベタぬり(ぬりつぶし)用とホワイト修正用を分けます。
「面相筆」が細部の作業しやすくて便利です。そんなに太いものはいりません。
※極端に細くても不便。

○筆ペン
ベタぬり用として便利です。耐水性(顔料インク)を選びましょう。

<ホワイト修正>

○ポスターカラーのホワイト
※ビンのものは固まるので注意しましょう。
○修正液(修正ペン)
※細部が修正できるモノを選びましょう。
○ミルキーペン
※こまかい修正には便利です。

まんがを描くのに使う道具2

定規

  • 直定規・・・・35センチから40センチくらいの長さが使い易い。(短いととどかないし、長いとジャマ)
  • 雲形定規・・・・ 3枚セットぐらいのものでほぼOK です。たくさんあっても、自分のよく使う曲線は決まってきます。
  • 自在定規・・・・使いにくいです(私は)・・・。自在に使える人を見てみたい。
  • テンプレート・・・・円を描くのに便利です。
  • 楕円プレート・・・・一見便利のように見えますが、欲しい形や大きさになかなか ピッタリあてはまりません。

使い方

1_002ペンを使う場合、定規の角度がついた側を
使って、紙との間にすきまをつくります。
さもないとインクはベタ落ちします。
(ペンはできるだけ垂直に立てて使います)

スクリーントーン

各社から、いろんな種類が出ていて、価格もいろいろです。

  • ドット(点)の種類 /点の大きさと間隔
    あまり薄いものや濃いものは、印刷に出にくかったり、つぶれたりします。
    基本的に、ドットが45度(ナナメ)の角度に並ぶように使います。
    角度をバラバラに貼ると、見た時に気になります。
  • ラインの種類 /線の太さと間隔
    用途に応じて角度を考えて使いましょう。

その他のトーン /いろいろな種類があるので、用途に応じて使ってみましょう。
ただし使いすぎると画面がウルさくなったり、逆に単調になったりします。
また、お金もかかります。

使い方・貼り方

  • 貼りたい部分よりやや大きめにシートから切り取り、原稿に軽く貼ります。
    カッターできっちり切り、不要部分をはがします。
    その後、しっかりと押さえて定着させます。
  • 原稿上で切る時は、トーンだけを切り、紙まで切らないように注意!
    やってみるとトーンは軽~くで切れます。(ほとんど力を入れない)

1_002

●ケズリ

  • トーン表面(印刷されてる面)をカッターの刃もしくはカッターの背でケズることで効果をだします。(雲、ハイライト等)
  • ドットのトーンなどは点の並んでいる角度を考えてケズリます。
  • 砂ケシゴムなどでこすってもケズれます。*ただし、見た目できれいでも印刷効果は別だったりするので注意。分かりにくい場合はコピーを取ってみると効果が分かりやすい。

●重ね貼り

  • 2 枚以上トーンを重ねて貼ることで効果を出します。* せいぜい3枚重ねまで。
  • モアレ(重ねた時にできる模様)に注意して、種類や角度、位置を調整してください。*モアレを活かす使い方もあります。

デジタル

  • 原稿をスキャナーで取り込んで、パソコン上でトーン等の作業をします。
    * 紙は全く使わず「タブレット」だけで描き上げる事も可能。
  • 「フオトショップ」「コミックスタジオ」他、いろいろなソフトウエアが使われています。
  • 作業は、各ソフトやパソコンなどによりますので、この章では説明しません。
  • 仕上がった作品を、メールなどを使い、データとして入稿することもできるし、プリントアウトして、紙原稿とすることもできます。
  • アナログでは表現できない様々な手法に大きな可能性もありますが、慣れるまでは時間がかかります。また、設備投資に大きな費用がかかります。

Written by Lucky Uematsuillustrated by honda-toyotaTranslated by zmi

Yamada Planning Office is Manga Agency that helps various production companies to link with cartoonists, caricaturists and animators.

 I, Hiroichi Yamada, am the president of this office,and I am also the member of A Japan cartoonists association and Japan animation association.

 Before I started this business I had been producing programs on TV, radio, commercial films, and various events for twenty-seven years in the advertisement agency called Mannensha Inc. which has one hundred eight years history.

 I imagine the companies such as media, advertisement, production, games, and Internet business might be interested in working together with our office.

 Enjoy our website, Manga gallery, and if you are interested in using one of characters, please contact us.

 Besides characters on our website, we have more samples in our office.

 Moreover, you can order to make original characters that you like.

 Although our website is opened for business purpose, we accept e-mails and snail mails to cartoonists, caricaturists and animators that appear on our website.

 As I mentioned above, I am the member of Japanese cartoonists association and Japanese animation association, so that I have connection with a lot of cartoonists, caricaturists, and animators.

 In a future, we are planning to open exhibitions, Manga class, events to get autographs, class to draw a portrait, and etc. As a theme of our plan we offer the word "spread of touching your heart through Manga".

 Furthermore, we are interested in scouting for a new face. We are recruiting her/him on a new face corner, our website. Please let us know if you are interested in.

Sincerely yours,

Hiroichi Yamada

President

Manga agency - Yamada planning office

Event management office authorized by the Ministry of International Trade and Industry No.970808

Member of A Japan cartoonists association

Member of A Japan animation association

Contact

 If you have question and any comment, please let us know.

 We, Yamada planning office that is Manga agency, are looking forward to working with you.

 Our e-mail address is このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。, and TEL number is 81-727-82-0171

About yamada-kikaku and yamada-hiroichi

yamadaHi,I am hiroichi yamada,head of yamada-kikaku(yamada planning office).

I have many varieties of HP,eblog,youtube,and SNS.

Please show and enjoy them!.

Manga-Agency山田企画事務所山田博一

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

日本イベント業務管理士協会理事 NPOアクト情報交流理事

日本漫画家協会会員 日本アニメーション協会

About yamada-kikaku and yamada-hiroichi

yamada hiroichiHP

http://www.yamada-hiroichi.com/

山田企画事務所yamada-kikaku(yamada-planing office)HP

http://www.yamada-kikaku.com/

Facebook

https://www.facebook.com/kikaku.yamada

PHOTO BOOK

http://pinterest.com/yamadakikaku/

Main hp channels

manga-training 

teaching craft event

my main works

Artist Partners

suzuki-junko Art Gallary

ooishi-youko Art Gallery

http://visit-japan-y.jugem.jp

http://yamada-kikaku.tumblr.com/

http://how-to-draw-manga.tumblr.com/

YouTube channels

http://www.youtube.com/user/yamadakikaku2009

how to draw manga

http://www.youtube.com/user/yamadakikaku02

event-art seminerイベント案内

http://www.youtube.com/user/yamadahiroichi

Scenery in japan01 風景写真

http://www.youtube.com/user/yamadakikaku

Scenery in japan02風景写真

http://www.youtube.com/user/yamadakikakuvideo

Scenery in japan03風景写真

http://www.youtube.com/user/yamadakikakubook

Scenery in japan04風景写真

About book

【本棚のURL】

http://booklog.jp/users/yamadabook0115

how to draw manga

01. 漫画家になる塾(山田企画事務所)

http://plaza.rakuten.co.jp/mangakanaru/

02.漫画文化研究所(山田企画事務所)

http://plaza.rakuten.co.jp/mangabunka/

03. マンガ家になる塾ドリル(山田企画事務所)

http://plaza.rakuten.co.jp/mangakanaru02/

for bissiness

03.メカムシ工房

http://plaza.rakuten.co.jp/mekamushi/

04ビジネス企画塾(山田企画事務所)

http://plaza.rakuten.co.jp/yamadas00115/

05仕事術・手帳術・整理術(山田企画事務所)

http://plaza.rakuten.co.jp/toshokan/

06ビジネス日誌(山田企画事務所)

http://plaza.rakuten.co.jp/shugyomanga/

07山田企画事務所_研究室

http://plaza.rakuten.co.jp/yamadahakase/

08ビジネス塾(山田企画事務所)

http://plaza.rakuten.co.jp/tspnews/

for life style

09シンプル!(山田企画事務所)

http://plaza.rakuten.co.jp/simpleyamada/

10 団塊のゆくえ(健康を保つには)

http://plaza.rakuten.co.jp/dankaiyukue/

11 伊丹的ロハス生活

http://plaza.rakuten.co.jp/yamadaitami/

http://plaza.rakuten.co.jp/actzyouhou/

http://plaza.rakuten.co.jp/jediskansai/

For historian

歴史風景写真館(昔懐かしい風景)

http://plaza.rakuten.co.jp/inishieshasinkan/

歴史探検(世界史と日本史との間)

http://plaza.rakuten.co.jp/rekishiyamadas/

http://plaza.rakuten.co.jp/ryoumarekishi/

龍馬伝から坂の上の雲へ

My varieties of eblogs

01 .hatena

http://d.hatena.ne.jp/yamadas/

02.teacup.teacup

http://red.ap.teacup.com/yamadakikaku/

03.ameblo.

http://ameblo.jp/yamadabook

04.goo.

http://blog.goo.ne.jp/yamadahiroichi

05.livedoor.

http://blog.livedoor.jp/yamadahiroichi/

06.fc2.ブログI 

http://asukakyouka.blog65.fc2.com/

10.yaplog

http://yaplog.jp/asuka_kyouka/

12.e-blogger

http://yamada-kikaku.blogspot.com/

My varieties of fiction and,novels

ホームページ 

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka101

魔法のiらんどID asukakyouka1001.フレッシュマンに効く!本!

ホームページ 

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka100

「青き騎士」「地下道1949」「宇宙から還りし王」など[魔法のiらんど]

asukakyouka008.西日本の旅ホームページ 

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka008

asukakyouka0071.ロボサムライ駆ける(115ページ)

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka007

フアンタジー02封印惑星・聖なる水の僕・ランナー

asukakyouka006飛鳥京香「フアンタジー小説02」ホームページ 

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka006

魔法のiらんどID asukakyouka005新・義経黄金伝説プロローグ  
ホームページ 

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka005

魔法のiらんどID asukakyouka004「日本史と世界史と」を面白く解説していきます。
ホームページ 

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka004

魔法のiらんどID  asukakyouka003「漫画家になる塾」
ホームページ 

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka003

魔法のiらんどID asukakyouka0021.私の中の彼へ(青き騎士改題)完結(間違い順次修正)
ホームページ 

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka002

ログインID asukakyouka001義経黄金伝説
ホームページ

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka001

ログインID asukakyouka ようこそ飛鳥京香小説工房゛へ!
ホームページ 

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=asukakyouka

http://plaza.rakuten.co.jp/yamadas0115/

飛鳥京香/SF小説工房(山田企画事務所)

http://plaza.rakuten.co.jp/storyyamada/

SFフアンタジー「ガーディアンルポ」

http://plaza.rakuten.co.jp/rekishistory/

源義経黄金伝説

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka03/

ロボザムライ

http://plaza.rakuten.co.jp/asaukakyouka04/

遙かなる絆-ランナー

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka05/

東京地下道1949

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka06/

染み入れ、我が涙、巌にーなみだ石の伝説

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka07/

アリス・イン・腐敗惑星ー寂寥王の遺産ー

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka08/

ウオーター・ナイツー聖なる水の僕(しもべ)

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka09/

「イシのヒト」

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka10/

私の中の彼へ-青き騎士-

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka11/

ミュータントウオーズ超人類戦記

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka12/

「神よ、その腕もて」

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka13/

キング・オブ・ドリーム-創造者の夢ー

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka14/

「宇宙から還りし王」(山稜王改題)

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka15/

日本人の時代ージャップスデイズ」

http://plaza.rakuten.co.jp/asukakyouka16/

アイランド

My varieties of fiction and,novels

作品の著作権は作者に帰属します。作品の無断使用は禁止します。